東洋と西洋と中庸と。

全てのスピルリチュアル迷子に。

未知との遭遇か?

ども!夕美子です。

こっからはちょっとした説明を。

 

AURA-SOMAの二層に分かれたボトル、

名前はイクイリブリアム。

上はハーブオイル、下はハーブウォーターで

ぶんぶん振って乳化させてから身体に塗ります。

該当箇所はボトルによって違いますが

基本は「直感に従って」です。

 

選んだ4本のうち、持ち帰ることになった

ギフト&プレゼントボトルと呼ばれる2本目を塗るため

教えて頂いた通りにフリフリフリ~♪

 

…これがまた、全然乳化しないんだわ(笑)

オイル分がドバ-!

水分がドシャー!

を繰り返すこと数回。

ちょっと上下を返しただけできれいに混ざったり

振っても振ってもセパレートしたり

カラフルに着色されているので

いろんな意味でホラーな状態になるのにもメゲずに塗り塗り~。

(私の場合は濃い色目だったので尚更)

香りは、というと

メインはゼラニウム、ラベンダー、イランイランで

めっちゃフラワリー。

 

で、どうなったか?

…眠れねぇ(T-T)

理由はまぁ~先入観になるから割愛で。

何かこう、魂に火が着いちゃった感じで。

それからどうしたか?

ものすごい集中力で小説もどきを書き上げたんですよ。

 

主人公は新撰組総長・山南敬助

セッションを受けたのは2004年5月なのですが

その前年から新撰組に無性に惹かれ

中でも

山南に心臓痛くなるくらいシンパシーを感じていました。

加えて、大河ドラマ香取慎吾さんが主演で始まり

山南を演じた堺雅人さんに

キャラクターは別としてもときめいていたこともあり(笑)

相乗効果的に勢いづいたもよう。

 

内容は

自分の信じていたものと、自分の居場所が決裂した場合

人はどう生きるのか?です。

勿論、プロになろう!とか

そんな事は一切考えずに書いた話なので

細かい考証や起承転結なんてありはしません。

でも

かなり頭が切れて人格者でもあった山南が

晩年、とやかく言われることは分かっていただろうに

なぜ死を選んだのか?

その答えを求めずにはいられなかった。

最後の一行を書き終えた時、スゥっと背中が軽くなり

「もう、その道を選ぶ必要はないんだよ。私も君もね」

と彼が笑いかけてくれた気がしました。

 

過去世がどうこうではなく

無意識に自分がやってしまう習性を

わかりやすい形で体現してくれている人物を

歴史上に見つけていた、という事。

今ならそれが理解できますが

当時の私はこの出来事に度肝を抜かれ

スピにはまってゆくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スピリチュアル事始めはAURA-SOMA。

ども!夕美子です。

 

AURA-SOMA。

(念のために写真コレね↓)

f:id:yumico168:20170312101118j:plain

何で興味を持ったかは昔過ぎて定かではないのだけれど

妙に心惹かれて

当時通っていたアヤシイお医者さん(笑)に紹介して頂いたサロンへ。

 

そこは都会のど真ん中から少し脇道に入ると現れる

昔ながらの町並みの中にある一軒家。

セッションは90分で

二層に分かれた100本以上のボトルから

左手で4本を選び順番に置いていきます。

ひゃあ~キレイだな~!でも案外迷わないな~?

なんて思いながら、いざ読み解き。

そこで聞いたのは

「夕美子さんは<生きる>がテーマですね」

という予想外の言葉でした。

 

「すごく古い魂なんですね。だから大抵のことは分かる。

でも役割とか使命とか抜きでは生きたことがない。

それゆえ、今回の人生は<ただ生きる>ことが

あなたにとっての目的なんです」

 

ふえ?初っ端から意味不明。

でもまあ、理屈はわからなくても

2本目のボトルを身体に塗ればいいって事らしいから(要約)

さっそく試してみよう!と

慣れない体験に妙にグッタリしながら

帰途に着いたのでした。

 

 

 

始まりは体調不良。

 

ども!夕美子です。

そもそも

何でヒーリングやスピに興味を持ったかというと

体調不良でして。

 

 

子どもの頃から病院通いが日常。

難病とかアレルギーとかではなく

いわゆる未病ですね。

たいして食べているワケでもないのにお腹が空かない。

無理して食べると胃が痛い。お腹の具合は常に悪い。

泌尿器も異常に弱い。

小学2年生で突然視力が落ちてからは

起立性調節障害

・過敏性大腸炎

・神経性胃炎

・脊柱側湾症

と次々に発症し、薬を飲まない日はほぼ皆無。

目がまともに世界を見られていたのは8年くらい(苦笑)

学校に通うのも、付随する遠足や宿泊行事も

家族での旅行も

常に身体が重荷で心底楽しめたことはありません。

その上

好きでそうなっているのではないのに

体調や容姿や言動までイジメの対象にされる。

今のように学校に行かない事も選択肢のひとつ、なんて

周りの大人も社会も理解してくれるような時代ではなかったのもあり

意地でも踏ん張った義務教育の9年間でした。

 

 とにかく嫌な思い出だらけの地元から逃げたくて

遠方の高校を選んだのを機に

「身体を何とかしなくては!」

と漢方と食事療法を始めることに。

まず言われたのは

「肉と砂糖と油があなたをその身体にしたのよ」。

家族と同じものを食べているのに

私だけ体調が悪かったのはそのせいだったの?

毒を食べさせられてたの?

この一言がトリガーとなり

10年近い摂食障害に陥りました。

途中、2回死にかけたのもあり

何とか這い上がりたくて

精神科も

心療内科

カウンセリングも

各種食事療法や東洋医学

ことごとく試し、そのたび、失望し続けた日々。

 

 そんな時ふと

「身体をどんなに観てもらっても変わらないなら、見えない領域にこそ答えがあるのでは?」

と気づき、そこから悲喜こもごもの(笑)

スピリチュアルジャーニーの幕が上がったのです。

 

 

 

 

スピリチュアル悲喜こもごも?

初めまして!夕美子と申します。

 

このブログは、私が2004年から12年間足を突っ込んだ(笑)

スピリチュアル界での体験をまとめたものです。

 

さまざまなセラピー・ヒーリングメソッドの固有名詞が出てきますが

あくまで私が個人的に感じたことを綴ったものであり

関係者各位をディスることが目的ではありません。

あらかじめご了承くださいませ!